スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妻の本性・・・クラブで若い男たちにナンパされてついていき即ハメ乱交

同級生の妻(24歳)と4年前に結婚して、世田谷区のマンション暮らしで、子供も幼稚園に行くようになりました。

妻の昌枝は164cm、47kgで子供を産んでも体形は一切崩れていなく、矢田亜希子似で一目を引くタイプです。

妻とは、出産後、殆ど妻とはSEXレスに近い状態でしたが、私がたまに求めても拒否される事が多かった事から、妻はSEXが余り好きではないのだろうと思っていました。ですから、妻に対して全く浮気の心配もしてませんでした。そんな事で、私は一つ上の愛人をつくって性の、はけ口にいました。

妻との会話で、妻から「この前ね、大学生みたいな感じの男に声をかけられたんだ。」とか聞いても、私は全く妻を疑わず、「からかわれてんだよ。」なんて、笑っていたのです。しかし、妻に渡している携帯に、やたらと無言電話や、空メールが昼夜問わずに来るようになった事から、「なんか、変だぞ!」と妻の行動に不信感を持つ様になったのです。
その頃から、週末の度に妻が子供を連れて町田市の実家に行く様になっていました。帰宅は、日曜の夕方か、月曜の昼でしたが、実家に行った週末の夜に必ず電話してきて「何してんの?どこにいるの?」という電話が来てました。何か変だぞと感じ始めたのは、私が週末に一緒に出掛けようと誘っても、何だかんだ言って実家に行くのです。

また、朝早くから、女友達を呼び、買い物に行ってくると言い、夜遅くまで連絡が取れなくなったり、どうも不審な行動が目立つようになってきた事から、もしかしたら、以前、年下の男にナンパされたと言っていたし、男でも出来てあっているんじゃないだろうか?と、疑いを持つ様になってしまいました。

そんな事から、週末の実家からの妻の電話で「どこにいるの?・・・」と私の居場所を確かめるような電話に対して「今日は、これから仕事の仲間と地方に行ってくる。帰りは明日だ。」と嘘を言い、2回線有る自宅の電話受話器をはずして全て話し中の状態にした上で、車を飛ばして妻の実家へと向かいました。

妻の実家の明かりは消えていましたが、鍵は私も持っているので開錠して、2階の妻の部屋を開けてみると、そこには妻の昌枝は居なく、義母と、4歳になる長女が寝ていました。「やっぱりな!」と思うとともに義母と義父に「親が協力して、人妻を深夜遊びに行かせてるんですか!」「すぐ、呼び戻して下さいよ?」と怒鳴ると、義母は「友達とでかけたんです。」と言い訳するばかり・・・。

翌日の昼前になって、男数人が乗ったスポーツタイプの車の後部座席に乗っていた妻の昌枝は、私の姿を発見したのでしょうが顔を隠しましたが、同乗して来たのを確認したので停めようとした途端、私の横を加速して逃げて行きました。男遊びがバレるのをおそれたのでしょう。

暫らくして、妻はバスで帰ってきました。私は、男数人と同乗してきた事を気が付かなかった様に装い、やさしく「どこに行ってたんだ。心配してたんだよ。」と言い、自宅に向かう振りをして妻と子供を車に乗せて、車中で妻を問い詰めました。

毎週、実家に幼児を預けて男遊びしてたのは、もはや明白です。妻は、ある程度観念したのか、「深夜タクシーで六本木まで行って、女友達の洋子とCLUBに行っていた。」と言いましたが、「CLUB遊びをして、帰りが昼前になる訳ないだろ!」と私が言うと友達の家で少し寝てから帰って来たから・・・」と苦しい言い訳をしました。

この女友達の洋子は、渋谷辺りのヤクザの娘で、親にマンションを借りてもらって住んでいる女でした。

いくら問い詰めても、男の話はしませんでした。別れ話にもなった事から、暫らく冷却期間を置くことになり、妻は実家で監視の元で生活する事になったのです。

どうしても、真相をつきとめたい私は、妻の実家が皆んな不在の時を見計らって妻の実家の電話に盗聴器を付けました。夜になると、妻の長電話が始まるので、必ず真相を突き止められる自信がありました。

夜になり、妻の実家の電話を盗聴をする為に、車で妻の実家へ向かったのです。
妻の実家の近所になると、運良く、妻と妻の友達の美恵子の電話の会話を傍受しました

盗聴していた、電話の会話内容の中で、出るわ出るわ男の名前が ?
「あたしが、家庭が壊れる危険を冒して会っているのに、この前は(寝かしてくれよ)なんて言うんだもん・・・」とか…やはり、妻の昌枝は浮気どころか、他人棒にヤラレまくっていたのです。

「この前の3人の学生なんか、CLUBに30分も居ないで、世田谷にある、洋子のマンションに行ったら、なんか気持ち良くなる薬だとか言って飲まされたんだけど、体が浮いたような感じで力が入らなくなって、ヤラレちゃったんだよ。」

「外が明るくなっても、代わる代わる3人で突いてくるんだもん。それに、一人はアレがすごい太くて裂けるかと思っちゃったよ。(やめてっ!!裂ける!!)って叫んじゃった!! 出し入れする度に膣の中の襞が掻き出されちゃう感じが分かるんだよね、また、一人は太さは普通なんだけど、先っぽがデカくてエラが膣の中で引っかかるし、長さが25cm位有ったと思う。もう、子宮をズンズン突かれて、頭が変になるかと思ったよ。3人とも若いし体育会系だから、ものすごく動きが早くて激しくてイッてもイッても、すぐ硬くなるし何回イッたかわからないよ。」

「皆んな、中でイクもんだから、アソコは精子でグチョグチョになっちゃってたけど、妊娠の心配よりも、薬が効いているせいか、イキッぱなしで気持ち良さで、どうでもなれって感じになっちゃた!!」

「でも、妊娠してたら誰の子か分からないよね。(笑)出来ちゃってたら、あの前日に旦那とヤッたから、旦那のの子だって言って産んじゃおうかな?」だとか、

「あたしのオリモノと精子でグチャグチャになっていたから、あいつ等さ、旦那ともヤッたことないのに、お尻の穴にも、ぶっ太いのねじ込んでくるんだもん・・・裂けちゃって、今もヒリヒリしてるよ!だから、ハイボラギノールの坐薬いれているわよ・・・。今まで、週2回も、あいつ等とヤリまくっつていたから、アソコの中の襞が出てきちゃって、まだ赤くなってる・・・」

私は、そんな会話をきいてしまい、愕然としました。

後日、妻から電話がきた時の会話で、妻は開き直って
「皆んな、アタシのアソコ、締りがイイって言うんだけど、良かった?」
「みんな、アンタよりアレがデカいからかなぁー?」なんて開き直った調子で本性を現したのでした。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。