スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打ち上げの飲み会で王様ゲームをやったら彼女が目の前で寝取られた

高校の時、部活(テニス)の合宿打上げで王様ゲームをやった。

俺の彼女の麻衣子もいてドキドキだった。
麻衣子はポチャムチだけどそこそこ可愛い。

みんなには、付き合ってるのは内緒にしていた。

最初は、膝まくらとかハグとか軽めのお題だったのが
やはり段々とエスカレートしていった。

幸也というエース級の奴が出した「隣同士でキス」というお題のとき
麻衣子は幸也の隣だった。

麻衣子の目が一瞬潤んだのを俺は見逃さなかった。
俺は隣の靖雄とキスorz

幸也はがっちり麻衣子の肩をホールドしてキスしていた。
麻衣子の親友・美紀の出したお題は
「3番と4番はお互いの下着没収」というトンでもないものだった。

3番幸也、4番麻衣子だった。
二人は隣の部屋に移動し一分ぐらいして出てきた。

手にはお互いの下着が握られていた。
勝ち誇ったような幸也の顔とは対照的に麻衣子は真っ赤だった。

次の王様は後輩の隆志。

「1番と4番は隣の部屋で10分間2人きりになって下さいっ」
1番麻衣子、4番幸也だった。

さすがにヤバいと思ったが何も言い出せなかった。

隣の部屋に入った二人。
固唾をのんで聞き耳を立てるメンバー。

ガサガサ、シュッシュッという何かが擦れる音。
はぁ、はぁ、チュッ、ん、ん、という声のような音。
がくがくと、震えたよ俺。

長い10分が終わって、
今度は二人とも顔を真っ赤にし汗をかいた状態で出て来た。

麻衣子は必死に髪型を気にしていた。
幸也は、お、おうって感じで満足気だった。

メンバーはニヤニヤしながらも恥ずかしそうにしていた。

その後、合宿が終わってから麻衣子からメールがきた。

「ゴメンね、幸也君と付き合うことになった」

あとで聞くと、王様ゲームで
二人をくっつけるという作戦だったとのこと。

美紀が首謀でクジも分かるように全部仕組んでたらしい。

俺だけ知らされてなかった理由は
「義行(俺)は麻衣子のことをたぶん好きだし知らせるな」
という幸也の希望ということだったらしい。

こんなことなら付き合っているのを公開しとけばよかったと思ったが、
手遅れだった。俺はおとなしく身を引いた。

でも、その後二人はすぐに別れた。
もちろん俺も二人とは疎遠にしていた。

が、卒業して3年後の同窓会で麻衣子と会って、
紆余曲折あってまた付き合うことになった。
何度も喧嘩と仲直りを繰り返した。

そして今麻衣子はというと、
俺の隣で産まれたばかりの娘におっぱいをあげてる。

たまにあの時の王様ゲームのことを聞くと、
「しらない、ばーか」とかわされるけど、
今でもあの合宿での出来事は俺の最高のズリネタです。

ちなみに麻衣子は俺には内緒にしているつもりだろうけど、
あの時の幸也のパンツをきちんと押入れの奥の箱に
大事に仕舞っているいるのを、俺は知っている。

たまに取り出していることも。取り出して何をしているかまでは知らない。
幸也も多分、麻衣子のパンツとブラを今でも持っている事だろう。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。