スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今夜クリスマスパーテイーで僕の彼女がミニスカサンタ姿で寝取られます

今夜クリスマスパーテイーで
僕の彼女がミニスカサンタ姿で寝取られます。

友達には
「嫌がらなかったらイレちゃって」と

彼女には
「酒の席ってやつだから笑ってかわせ」と行ってあります。

興奮絶頂!

最初の1時間くらいは彼女も含め全員キンチョ~で僕だけ
笑える微妙な雰囲気のクリパに・・・

酒も廻ってやっと猥談になり
「こいつのチ◎ポでかい?」
「ねっちっこいS◎Xだろ?」とか僕いじりから始まり

一人が「俺の彼女は乳首いじりでイクぜ」の言葉に
「え~っ乳首だけで?」と彼女が言ったのをスタートに
どんどんエスカレートしていった。

服の上から胸を触られ
「イエローカード!!」と必死にかわそうとする彼女。
トイレに立つ時に「おい、彼女に手を出すなよ!」と言いながら
見ると白いニーハイより少しだけ水色をしたパンテイが
デルタ状に見えちゃってた。

それをみんなも見てると思うと興奮した。

トイレから帰っても進展なくちょいがっかりだったけど、
ゲームをやって体を動かしたからか、彼女がだらしなくなり始め

一番爽やかそうに見える奴とサッカー話で盛り上がり、
ほかの男がスカートめくったり、お尻をさわったり、
ブーツの脇から手を入れたりスカートの中を写メ撮りしたりすると

「こいつレッドだな」とか「俺が守ってあげるね」とか言われて
「◎◎くん守ってくれるって!」っと僕に向い楽しそうに言ってきた。

その後も彼女へのエロエロ攻撃が続き、
「ここ危険」っていって二人で「避難避難!」といいながら、
結局お持ち帰りされた。

その後連絡なし。まあ期待通り興奮できたかな。
目の前でっていうのは、今まで経験ないんだけど、それも経験したい。

6時頃彼女から
「昨日楽しかった、◎◎くんに送ってもらったよ。
これからバイト。ネム~(´O`)」ってメールが来て、

7時ちょい前にお持ち帰り様より電話があり
「誰にも言わないから着たままやらせて」って迫ったら拒否られたって。

怒りからべろんちょキッスしながら
アソコに指突っ込んで2度イカせたって。

挿入失敗だけど「紐パン取り上げて俺の部屋にあるぜ!」だって。

ノーパンで逃げ帰った割には
朝から今まで二人共なんで連絡してこないんだか・・

妄想してこく僕。

僕の浮気がバレたら奴の持ってる紐パン持ち出して
「忘れもん」って言ってやろうと言ったら、
「俺が今夜バイト先まで返しに行くから教えて?」っと言われて
悪人になりきれない僕と、ズコバコ3Pを妄想する僕。

ど~しよっかな~ 昨日ならやれたんだけど・・・・
奴から電話が頻繁に来る。

夕方6時彼女、同7時前奴からの電話でそれまでの間
明け方二人が「避難」と言って出てから連絡なし。

夕方7時以降奴から「紐パンご返却」って件で
バイト先教えろという電話が頻繁だったんです。

彼女ともう少し関係を続けたいのと、
3Pに興味があって奴に待つように言いましたが、
「いつまでも紐パン持ってろってか」と言われ、

「時間が経つと開き直られるじゃねえか。次は多分即やれる」
と豪語されましたが、それも少しばかり興奮しますが・・・
自分で見れないのが損な気がして躊躇してます。

3P報告

彼女のバイト先や携帯は教えたくなかったので彼女に電話して
「お前、紐パン・・聞いたぞ」と言ったら
「◎◎くん悪っぽくてちょっと怖いもの見たさみたいな・・」
と言いながら僕の浮気も指摘してきた。

「なんで知ってる?」って問いただそうと思ったけど、どうでも良くなって
「奴(◎◎くん)の部屋に紐パン返してもらいに行くぞ」といい促した。

「喧嘩しない?」と聞くんで「あいつはいい奴だよ」と言い
3人で部屋飲みすることにしたのが昨日の夕方。

97 何をされたか・・とか、何時まで一緒とか聞かずに
「お前、はじけちゃったね!?いいけど妊娠するなよ!」って
笑いながら言ったら「そんな事してないよ」しか言わない。

パンツ取られたくせに・・

彼女を迎えに行くまでの間に奴に状況メールして段取り、
僕らはノンアルで彼女をヨレヨレにするまでサッカー談義。

彼女がトイレに立ってる間にモザイクレスのDVDを二人で観だして
レースクイーンが複数PをしているDVDを見ている時に、
彼女を丸裸にひん剥いた。

全く抵抗せず「危険危険!レッド、退場」と笑いながら叫びだしたので、
奴が「大声出すなよ」と片手で口を塞ぎながら彼女を引き寄せた。

その時点で僕は久々のカチカチちん○になっていて
初めて他人が自分の彼女をいじる姿をみて
上腕の筋肉がこわばって
妙な期待感に心臓バクバクだった。

97 先に僕が彼女に入れて引き離したら、
「◎◎くん、バイバイ」と彼女がいい、
奴が笑いながら「なめってんなよ~」と僕から引き離して挿入。

奴はついこの間まで弱い大学だが運動部会サッカー部だったので
すごい速さのピストンで彼女は喘ぎ声も出せなかった。

座位からバックへひっくり返した際、
いつも見ている彼女のあそこから、勃起したものなど
見るはずがなかった友達の棒が血管浮き上がり状態で抜き出されて、
また挿入する姿はまるでAVのようだった。

悔しいとか嫌悪感はなく、「どんな表情してるのか」とか
「僕の時とどう反応が違うか」とかだけ気になったが、
あとは妙な興奮しかなかった。

彼女が声をあげかけると奴が口を塞ぎ、さらにピストンを早めたり
耳をしゃぶったりしながら僕の方を見ました。

「彼女が犯されてる」という興奮で何故かギン勃ちだったのが
急にふにゃりとなりました。

エロい気分だったのですが、逆反応になりだしました。

奴をどかして「挿入すれば」と横はいりしようとしたら、
「口で勃たしてもらってからにしろ」と命令口調で言われちまいました。

「取られる」ってこういう事ですね。
しゃぶらせましたがフニャフニャのままでした。

奴は1時間近くはバックで腰振ってました。

後ろからムギュっとおっぱい掴むと彼女は僕のを吹き出すように
「やあ~~~」と声をあげる。

奴がすかさず口を塞ぎ「声出してんじゃね~よ」と言い
また耳をしゃぶり、首を舐める。

僕は眺めるだけ。
たまに彼女と目が合うとバツが悪い。

乳首に手を伸ばし摘むと奴が彼女の体を起し
僕の手をはずさせおっぱい鷲掴みで、
こちらから見えなかったが
首下から背中を舐めまわしてるようで、彼女がのけぞる。

僕はフニャフニャながらもニュルニュルしたものが
大量に出てきて情けない様だったと思う。

奴はその後「パンスト履け」と彼女に命令。

彼女も即座に従い、履いた瞬間に奴に担ぎ上げられ
パンストをビリビリ破かれた。

それを見ていて少し出てしまった情けない僕。
破かれてる側が僕の見えない方向で、
彼女の真っ赤になった顔はしっかり見えていた。

破いた穴から突っ込まれてのけぞる彼女。
声を出さないように自分の両手で口を塞いでいるスケベな女だった。

パンテイィを取られちゃうのも無理はないな。

何度もビクンビクン震えだした彼女。
ヨダレ垂らしてぐったり。

奴は容赦せずに乳首を舐める、噛む尻を叩く。

ビリビリのパンストをさらに破き正常位で挿入、
今までタフだったのにすぐに出してしまった。

彼女の腹からおっぱいまでにたっぷり出た。
本当は顔射が見たかった。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。